6色分け六法  >  民事執行法  > 条文別 > 第205条 (陳述等拒絶の罪)
民事執行法    全条文     全編章
第5章 罰則    全条文     編章別条文→     ← 前章
(陳述等拒絶の罪)
第205条  次の各号のいずれかに該当する者は、
6月以下の懲役 又は 50万円以下の罰金に処する。
 売却基準価額の決定に関し、執行裁判所の呼出しを受けた審尋の期日において、正当な理由なく、出頭せず、 若しくは 陳述を拒み、 又は 虚偽の陳述をした者
 第57条第2項第121条第189条第195条の規定によりその例によることとされる場合を含む。)において準用する場合を含む。) 及び 第188条第195条の規定によりその例によることとされる場合を含む。)において準用する場合を含む。)の規定による執行官の質問 又は 文書の提出の要求に対し、正当な理由なく、陳述をせず、 若しくは 文書の提示を拒み、 又は 虚偽の陳述をし、 若しくは 虚偽の記載をした文書を提示した者
 第168条第2項の規定による執行官の質問 又は 文書の提出の要求に対し、正当な理由なく、陳述をせず、 若しくは 文書の提示を拒み、 又は 虚偽の陳述をし、 若しくは 虚偽の記載をした文書を提示した債務者 又は 同項に規定する不動産等を占有する第三者
2項  不動産登記することができない土地の定着物を除く。以下この項において同じ。)の占有者であつて、
その占有の権原を差押債権者、
仮差押債権者
又は 第59条第1項
第188条第195条の規定によりその例によることとされる場合を含む。)において準用する場合を含む。)の規定により消滅する権利を有する者
に対抗することができないものが、

正当な理由なく、
第64条の2第5項
第188条第195条の規定によりその例によることとされる場合を含む。)において準用する場合を含む。)の規定による不動産の立入りを拒み、
又は 妨げたときは、

30万円以下の罰金に処する。
次条 (第206条(過料に処すべき場合))

TopPage(6色分け六法)

6色分け六法購入サイト